インフルエンザは冬だけじゃない!

インフルエンザはいつごろ注意するべきなのでしょうか。外の気温が下がってきた時にニュースで取り上げられたら予防を始めようかな…と思っていませんか?実はインフルエンザは冬だけではなかったのです!

寒空の下インフルエンザにかかった男性

夏のインフルエンザの症状例

インフルエンザと聞くと冬に流行する病気と言うイメージがありますが、実は夏にもインフルエンザが流行することがあります。インフルエンザは日本では冬に流行することが多いですが、世界でみると季節には関係なく通念を通して流行する病気でもあるのです。北半球が夏であるとき南半球は冬です。インフルエンザウイルスは冬の地域で流行しますから、北や南に移動しながら世界中を駆け巡り、世界中を旅行などで移動する観光客などの体内に侵入して夏の地域へも移動してくることが夏でもインフルエンザが流行してしまう原因です。症状としては38度以上の高熱が出て急激に発症し、体全体に強い痛みや筋肉痛などが起こったり、寒気や倦怠感、食欲不振などが起こります。冬に流行するものとの症状などに大きな違いはありません冬の症状と比較すると下痢や嘔吐などの症状が強く出ることがあります。インフルエンザウイルスによって胃腸炎などが引き起こされることもあり、B型や新型と呼ばれるウイルスに感染した場合には消化器系の症状である下痢や腹痛などが強く出ることがあります。全身の痛みや倦怠感、腹痛などと言った全身に起こる症状の後に咳や喉の痛み、鼻水などと言った呼吸器系の症状も起こります。夏にはインフルエンザに感染しないと思っている場合には夏風邪と間違ってしまうこともありますが、いつもの夏風邪とは何か違うと感じたりする場合や夏風邪にしては身体がきついなどと感じるような場合には早めに医療機関を受診することが大切です。インフルエンザの場合は他の人にも感染させてしまう恐れがあります。夏は暑いので不快になるかもしれませんが、マスクをつけるようにし手洗いうがいをきちんと行うようにしましょう。

page top